売却までの期間

物件を売りに出してから売却されるまでの期間はどれくらい?不動産売却に要する期間や、急いで売却するべき理由などをまとめました。

売却と買取、売却期間が短く済むのはどちら?

不動産は売れるまでの期間は、仲介業者に売却を依頼する「不動産売却」なのか、それとも買取業者に依頼する「不動産買取」なのかによって大きく異なります。結論から言うと、売却期間が圧倒的に短いのは「不動産買取」です。

「不動産売却」の売却期間

不動産会社などの仲介業者に不動産売却を依頼する場合は、物件広告を出すなどして買い手に周知し、問い合わせなどの反応を待つことになります。そのため、物件が売れるまでには早くても3ヶ月はかかり、場合によっては1年以上かかることもあります。成約に至っても買主のローン審査期間が必要な場合はさらに時間がかかります。

不動産売却の流れ

  1. ホームページ・インターネット・新聞広告や折り込みチラシなどに記載
  2. 購入希望者の内覧、問い合わせなどを受け付ける
  3. 不動産購入希望者の価格交渉、引き渡し相談等の希望条件を対応する
  4. 購入希望者のローン審査を待つ(住宅ローンが通らないケースも)
  5. 不動産売却の契約をする
  6. 売却物件の引き渡し(鍵や権利書、測量図円などを渡す)
  7. 売却物件に住宅ローンの借り入れが残っている場合は抵当権を抹消する。

これが、仲介業者に依頼する「不動産売却」の一連の流れになります。

「不動産買取」の売却期間

不動産買取の場合は、直接買取業者が購入するので、早ければその場で売却をする・しないを判断することができます。買取の場合は、基本的に現金買取なので早ければ数日後には手元に現金が入ってきます。

契約自体も、平均で3日~1週間ほどで成立するので、急いで物件を売却したい人には不動産買取がおすすめです。

売却期間が長いと高く売れる?不動産売却でありがちな失敗

不動産売却の場合は売れるまでに1年くらいの期間を要することもあると述べましたが、売却期間を長くとると買主が見つけやすい反面、時間が経つにつれて価値が下がっていきます。

急いでいないからと相場よりも高めの希望価格を設定したら、減価償却や地価下落などで家計を圧迫してしまった…というケースも多々あるのです。売却期間を長く設けたところで高値で売れるわけではありませんし、むしろ価値が下がってしまうという点を十分に理解しておきましょう。

城南エリアの頼れる不動産売却会社3選

<TMプランニング>
ティー・エム・プランニングHP●米国にも拠点を持つ、城南地区で有力な不動産会社
●スピーディかつオーダーメイドな接客に定評がある
●取引は紹介が9割と、対応力の高さも折り紙つき
<住友不動産販売>
住友不動産販売HP●全国にネットワークを持つ大手不動産会社
●タワーマンションなども積極的に仲介
●平成26年度には売買仲介取引数No1を獲得
<三井のリハウス>
三井のリハウスHP●市場動向を勘案し適正な査定額を算出
●大手の情報力を活かし売却をサポート
●税理士による相談サービスも提供

免責事項

このサイトは、2016年2月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。