売却と買取の違い

混同しがちな不動産売却の「売却」と「買取」の違いを分かりやすく解説。それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

仲介不動産会社への売却と、買取業者への買取の違い

不動産の売却を検討されている方なら既にご存知かと思いますが、不動産を売る手段には買取業者による「買取」と、不動産会社に仲介してもらい不動産を「売却」する2つの方法があります。一般的には、不動産会社に委託してチラシや情報サイトに掲載して「売却」する方をイメージする方が多いと思いますが、業者による買取は近年急増しています。

売却と買取の大きな違いは、不動産会社を仲介するか、しないかということです。

売却のおもな特徴

不動産業者に仲介を依頼し、チラシや情報サイト、不動産情報雑誌などの媒体に広告を出し、物件に興味をもった第三者に不動産を売るという方法です。

また、不動産の売却活動中に発生する、購入希望者との交渉や契約書作成などの手続きなども不動産業者が行います。ですから、信頼できる不動産会社選びが売却成功の決め手となります。

買取のおもな特徴

売却したい不動産物件を、買取業者に直接買い取ってもらう方法です。中古車買取業者が車を買い取り、その車を整備して買い取った価格よりも高値で再販売するのと同じような仕組みで、売却した物件をリフォームしてから利益が出る金額で再販売するのです。

買取によって不動産を売る際には、広告活動が行われず業者と直接取引することになります。

売却と買取、ぞれぞれのメリット・デメリット

売却と買取には、それぞれメリット・デメリットがあるので慎重に検討しましょう。

売却(仲介による売却)のメリット・デメリット

●メリット

  • 時間をかけながら納得のいく価格で売却できる
  • 売却する物件に住み続けながら売却できる

●デメリット

  • 納得のいく価格で売れず長期化する可能性がある
  • 物件に不具合があった場合は、売却後に瑕疵担保責任を負わなければならない
  • 居住中に第三者の内覧が入る

買取(買取業者への売却)のメリット・デメリット

●メリット

  • 仲介による売却よりも手間がなく簡単に売却できる
  • 最短で数日後に現金化可能
  • 買主が決まっているので確実に売れる
  • 瑕疵担責任が免責となる

●デメリット

  • 仲介による売却よりも30%ほど売却価格が安くなってしまう

売却は買取よりも高い金額で売れるのが最大の魅力です。しかし、買い手が現れないといつまでも売れ残る可能性がありますし、購入者の内覧を受ける時間や負担も発生します。条件面で折り合いがつかない場合は長期化してしまうのも懸念点です。

一方、買取は、業者に直接買い取ってもらうため即売却が可能。最短で数日後には現金化できる場合も多く、購入者を探す時間も手間も発生しません。通常、現金買取となるので数日後には手元に現金が届きます。買主が決まっているので確実に売れますし、平均で1週間以内に売買契約が成立するので、急いで物件を売却したい人には適しているでしょう。

また、売却後の瑕疵担保保証の免除も買取の大きな魅力です。瑕疵担保保証とは、売却から1年以内に物件に何らかの欠陥があった場合、売主が修繕費を負担するという制度です。もし、不具合があった場合は、数百万円という費用が発生する可能性があり、この責任が免れるというのも買取ならではの利点です。

ほかにも、購入希望者の内覧に時間や手間を割く必要がないこと、近隣に知られず売却できること、スケジュールに合わせた売却ができること、売却前のリフォーム費用がかからないことなどがメリットとして挙げられます。

買取は、一般的な売却の70~80%の売却価格と言われていますが、上記のようなメリットがあることから人気が高まっています。

城南エリアの頼れる不動産売却会社3選

<TMプランニング>
ティー・エム・プランニングHP●米国にも拠点を持つ、城南地区で有力な不動産会社
●スピーディかつオーダーメイドな接客に定評がある
●取引は紹介が9割と、対応力の高さも折り紙つき
<住友不動産販売>
住友不動産販売HP●全国にネットワークを持つ大手不動産会社
●タワーマンションなども積極的に仲介
●平成26年度には売買仲介取引数No1を獲得
<三井のリハウス>
三井のリハウスHP●市場動向を勘案し適正な査定額を算出
●大手の情報力を活かし売却をサポート
●税理士による相談サービスも提供

免責事項

このサイトは、2016年2月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。