HOME » 不動産が売れない!その特徴と対策 » アパート・マンション

アパート・マンション

売却が難しい中古アパート・マンション例や売り時を見極めるポイント、確実に売却する方法などをまとめました。

中古マンション・アパートが売れない…その理由は?

不動産会社に売却を依頼している物件がなかなか売れない…。チラシやホームページなど、販売活動もしてもらっているのに買い手がつかないというケースは少なからずあります。不動産の購入は人生に何度とない買い物。

人気の立地や物件であればすぐに買い手が見つかる確率が高いですが、物件の内容によってはなかなか売れず売却期間が長引いてしまうこともあります。マンションがなぜ売れない背景には色々な要素があり、一般的には、次のような物件は売却が難しいと言われています。

●市場相場よりも高い
当たり前のことですが価格が高いと売れません。市場の相場よりも手頃感を出すことは何よりも大切です。

●管理費が高い
売買価格を相場より安く設定しても、管理費が高いと月々のコストがかかってしまい敬遠されていまします。

●自殺者や事件が起こったマンション
自殺や事件が起こったマンションの購入は、普通の人なら避けてしまいます。告知義務は「何年経てば告知しなくても良い」など曖昧な定義ですが、過去には自殺があったマンションだということを告知せず売却した売主が訴えられ、損害賠償を負ったケースもあるので難しい問題です。

●個性がない
物件に魅力が感じられない場合はやはり他の物件に負けてしまいます。わざわざ、内装を変える必要はありませんが印象を良くするために、インテリアや照明の位置を工夫するなど少しでも魅力がアピールできるように心掛けましょう。

●個性的すぎる
間取りに関しては個性的過ぎると売れにくい家になってしまいます。

上記の中で「価格が高い」という場合は、まず価格を下げることを検討してみましょう。価格を下げる場合は、どのくらい値下げするかも重要なポイントです。肝心なのは「安くなった」ことをしっかり訴求すること。「もう少しまって値下げされたら問い合わせをしてみよう」と思っている人も意外といるからです。

そのほか、一定期間経っても売れない場合は、仲介会社の力不足というケースも考えられます。販売活動の質や営業マンの姿勢などを踏まえ、不動産会社に原因があると考えられる場合は、仲介会社も見直す必要があります。

確実に売るなら買取業者に依頼

売却が長期に渡ると物件の価値も下がってしまいますし、何より新居への計画的な住み替えが難しくなってしまいます。確実かつ計画的に売却を進めたいのであれば買取業者で買い取ってもらうという選択肢もあります。

仲介会社に委託する売却よりも売値は安くなってしまいますが、業者によっては数日で現金化できる場合もあります。物件の売り時を逃してしまったかも…という場合は、買取も検討みましょう。

城南エリアの頼れる不動産売却会社3選

<TMプランニング>
ティー・エム・プランニングHP●米国にも拠点を持つ、城南地区で有力な不動産会社
●スピーディかつオーダーメイドな接客に定評がある
●取引は紹介が9割と、対応力の高さも折り紙つき
<住友不動産販売>
住友不動産販売HP●全国にネットワークを持つ大手不動産会社
●タワーマンションなども積極的に仲介
●平成26年度には売買仲介取引数No1を獲得
<三井のリハウス>
三井のリハウスHP●市場動向を勘案し適正な査定額を算出
●大手の情報力を活かし売却をサポート
●税理士による相談サービスも提供

免責事項

このサイトは、2016年2月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。